役立つノベルティならたくさん欲しい!

ノベルティはプレミア感が魅力

役立つノベルティならたくさん欲しい!最近、ノベルティをもらう機会が多く、でも正直なところ、もらって嬉しいものと嬉しくないものとあり…ノベルティについて、少し考えてみました。

ノベルティグッズは、女性の心理をくすぐるアイテムと言えるでしょう。実際、無料で付いてくるおまけを目当てに商品を購入することはよくあります。ノベルティの中には、特別プレミア感のあるものもあり、高価な値段が付いているものもたくさんあるのです。
そ の代表的なものとして、ブランドのノベルティグッズがあります。有名な高級ブランドでは、イベントに合わせてノベルティを制作することが、よくあります。 イベント期間内に商品を購入した人全員にノベルティをプレゼントしてくれるブランドもあり、ロゴ入りのグッズは嬉しいアイテムになります。
また、ブランドのノベルティの場合、数量限定という貴重なものも多いです。そのため、オークションなどで高値取引されているものもあり、ノベルティとしての価値を超えたものとなっているのです。
ブランドだけでなく、歴史のあるノベルティにもプレミアが付く場合があります。昔販売されていたお菓子に付いてくるノベルティに対して、数万円という鑑定が付くこともあるのです。そのような傾向から、ノベルティ収集を趣味としている人も少なくありません。

嬉しいノベルティと嬉しくないものがある

小売市場を見ていくと、ノベルティはいろいろな種類の商品に付いていることが分かります。購入時に無料でもらえるとして人気がありますが、中には不要なも のであったというケースも少なくありません。どんなものなら嬉しいと感じるのか、あるいは嬉しくないと感じるのか、その違いを考えてみましょう。その違い に影響してくるのは、自分にとって役立つものかどうか、という判断だと思います。
もらって嬉しいノベルティは、自分が欲しかったものであったり、可愛いといったプラスの感情が芽生えるものと言えます。しかし、嬉しくないノベルティは、自分の役に立たない不要なものという冷めた感情になるものです。
女性の場合、日用品・消耗品であれば利用価値があるので喜ぶ人が多いです。しかし男性の場合、あまり興味を持つ人が少ないので、喜ばない人も多いです。

また、関連する消費者庁のページもみつけました。

Leave a comment

新築の注文住宅とリノベーション基礎知識

新築注文住宅とリノベーションはここが違う

新築の注文住宅とリノベーション基礎知識今日は、名古屋での注文住宅についてです。

名古屋では、ここ最近の不動産需要が増えた影響で新築の注文住宅やリノベーション住宅が人気です。住宅を購入する前に、それぞれの違いについて知っておきましょう。
新築の注文住宅は、設計施工から注文をして住宅の建築を行います。間取りや建築資材なども注文をする事が可能です。住宅の施工主がある程度の住宅建築の基礎知識を持っている方が良いでしょう。
リ ノベーション住宅は、生活がしやすい様に既存の住宅を大幅に改築します。耐震性や防火安全性確保する様に大規模修繕を行います。、リノベーション住宅は、 耐久性を向上させたり、断熱材を新しくして光熱費を抑える様にリフォームを行います。基本的に、既存の建物の骨格のみを利用してその他は建物の素材自体を 変更するのも珍しくありません。住宅にかける予算や、入居希望時期を考慮したうえでどちらが良いかを決めると良いでしょう。

名古屋で新築住宅やリノベーション住宅を購入する

名古屋は、地方都市の中でも新築住宅やリノベーション住宅を取り扱う建設会社も多いです。
建設業者によって、新築住宅とリノベーション住宅を得意とする業者は異なります。複数の業者に、今までに建設した住宅の資料を見せてもらいましょう。見積もりを出して貰うのも重要です。
建設業者を訪ねる前に、外観デザインをある程度はイメージをした方が良いです。どの様なスタイルの住宅にしたいかを簡単に絵などにしておくと相手にも伝わりやすいです。雑誌などの切り抜きを持参するのも良いです。
新 築の注文住宅やリノベーション住宅は、使用する素材によって価格が変わります。予算内で納める為には、部屋や住宅設備の優先順位を決めておきます。後で後 悔をしない為にも、建設業者の人と納得がいくまで相談をしましょう。部屋の間取りや収納は意外と注意を怠りがちです。使い勝手が良いか十分に確認をてから 着工をする事は大切です。
建物の耐久性や耐震性など、外からは判断がしずらい部分については専門家に建築途中で確認をして貰いましょう。

Leave a comment

名古屋でシェアハウス暮らし

名古屋のシェアハウス事情

名古屋でシェアハウス暮らし最近気になっているシェアハウス。名古屋でのシェアハウスを例に、調べてみました。

東京方面では数年前からブームとなっている「シェアハウス」ですが、近頃は名古屋のほうでも聞くようになってきました。シェアハウスとはひとつの住まいに複数人で暮らす事を言いますが、そのシステムはルームシェアやハウスシェアとは異なります。
シェ アハウスには住人以外に運営会社がおり、入居者は個別に入居契約を結びます。家賃も運営会社に支払うのです。ルームシェアをする人の多くは、家賃の負担を 減らす事を目的としていますが、名古屋では一人暮らしでの家賃はそれほど高くありません。それでもシェアハウスを利用する人が増加しているのは、金銭面以 外での理由があるようです。
大きな理由では、職場以外で刺激しあえる人間関係を築きたいという声があります。同じ趣味や目標を持った人が集まれば、お互いの生活を刺激しあう事が出来、反面気の合う仲間とリラックスした空間で生活することも出来るのです。

シェアハウスの家賃相場

シェアハウスには、マンションの一室や一戸建て等様々な種類があります。皆で利用できるリビングや個室があるのはほとんど同じですが、女性専用のシェアハウスであったりアトリエ付きであったりとバリエーションが多く、ハウスを選ぶのも楽しめそうです。
中 部地方最大の都市である名古屋市には代表駅である名古屋駅があり、シェアハウスの物件も名古屋市に多く見つける事が出来ます。1Kの小規模な部屋から 5LDKの大人数向きな部屋まであり、1Kでは個人でシェアを募集している場合もあります。反対に5LDKなどの大人数募集になると、運営会社が募集して いる事がほとんどで、内装もデザイン性が高くお洒落な住宅が多くなります。
個人でのシェア募集では1万5千前後から3万円前後と低価格の家賃が一 般的ですが、運営会社が経営している場合4万円から5万円前後と高めの設定となっています。しかし6万円前後のワンルームを一人で借りる事を考えると、同 じ程度の家賃で気の合う仲間と生活できるというのは大きな違いかもしれません。

Leave a comment

ベトナム長年の支配の歴史

戦争をしている中での日常

ベトナム長年の支配の歴史洋楽が好きで、歌詞カードを見ているとベトナム戦争について歌っているものに結構あたります。めちゃくちゃ多いと言うわけではないですが、日本の歌ではほとんどないことを考えれば、十分に多い方だと思います。
日本でも一部の某ロックミュージシャンは戦争などへの反対を歌っていますが、ベトナム戦争はあまり記憶にありません。それはさておき、世代ではないのでよく知らないベトナム戦争がどんなものであったかを少し調べてみました。ベトナム現地では戦跡をまわるツアーもあるようです。
結論を言えば、ベトナムという国が長く列強の支配下にあったということです。ほんの少し前までベトナムの人たちは、それを日常として生活していたのです。内戦絡みとはいえ、他国が介入してきて戦争が拡大して、ゲリラ戦が起こっていました。
その傍らでは市民の生活があったのです。とくに主義主張は持たなくても、戦争はやだというありふれた感想が出てくるばかりです。

支配者の存在

ホーチミンという都市があることは知っていましたが、これが建国の英雄と同じ名前であることは知りませんでした。その昔、現在のベトナムがあった辺りにま で漢民族が進出していて、そういう意味では中国の支配下にありました。やがて、ベトナムの起源のひとつである国々が成立します。
しかし、その後はフランスに統治されて、第二次大戦を迎えます。戦後、ベトナム民主共和国が樹立しますが、このときに闘ったのがホー・チ・ミンです。その後、国を南北に分断しておこなわれたのがベトナム戦争です。
2300年近くの歴史の大半を侵略と支配の中で過ごしたのがベトナムというわけです。行ったこともなければ、断片的な知識しか持っていない国ですが、市井の人々の生活があることは日本と変わりません。
いまだに欧米諸国の人でも日本の位置を知らない人がいると聞くと、我々は驚いてしまいます。でもはっきり言って、東南アジアや中近東の国々がどこにあって、どんな国なのか、ほとんど知りません。世界は互いに知らないことだらけです。

こちらのページもご覧ください。

Leave a comment

東京におけるリノベーションの好事例

公共建築リノベーションの好事例

東京におけるリノベーションの好事例今日は、最近興味を持っているリノベーションについてです。

リノベーションの肝は、建物を「進化」させることにあります。ただ単に改修したり、改装するというのとはそこに明確な違いがあります。古くからある建物の 良さを活かしつつ、新たなコンセプトを加え、これからの時代に耐えうる構造に作り変えたり、依頼主と相談してデザインを変えていくのです。
リノ ベーションは既存の建物を使いながら、まるで新築のように、コンセプトに沿って理想の建物に作りかえていきます。特に東京では、何度も都市として変革、発 展してきた背景から、様々な時代の建物が残されているため、リノベーションが今非常に注目を集めています。そんな東京で話題を集めたリノベーション建築を みていきましょう。
公共建築物な中でひとつ有名な例として、東京駅の丸の内側駅舎が挙げられます。現代に合わせた機能性、性能を加えつつ、デザイ ンなどは原型に忠実な形で作り変えられました。多くの人が日々使う公共建築であるからこそ、機能性、耐久性を強化しつつ、デザインは過去の良さを残し、在 りし日の東京のノスタルジーも景観に落とし込んだ好例といえるでしょう。

マンションや古民家のリノベーション

マンションの市場においても、特に東京の場合、新築マンションの価格の高騰もあり、価格を抑えながらも自分好みに作り変えていけるリノベーションに注目が 集まっています。東京には高度経済成長期などに大量のビルやマンションが建てられましたが、それらの建物は現在老朽化や耐震構造の見直しから、建て直しな どを迫られています。それらを完全に壊してしまうのではなく、優れた部分を残しつつ安価で現代にも通用するマンションなどにリノベーションする動きが高 まっているようです。
一方マンションなどの他にも、古民家のリノベーションにも注目が集まっています。東京には中心的な都市部だけでなく、そこか ら少し外れるだけで下町や、郊外部も広がっています。「古さに価値がある」という視点から、日本家屋の機能性、美しさを活かす形でそれらのリノベーション も進んでいます。

Leave a comment

気になるマッサージ店を見かけた~池袋駅

東南アジアの雰囲気

最近見かけた、気になるマッサージ店をご紹介します。

まずはSSCマッサージという池袋にマッサージ3店舗あるお店。ここは口コミが一位と有名なお店です。

池袋の東口から歩いて3~5分ほどのところにあるアロマランプというサロンで、主にアロマを使ったマッサージをしてくれます。このお店の良いところは、完全個室であるという点です。やはり誰かに見られていると、どうしても100%のリラックスは出来ませんよね。個室なら、気持ちが良くて変な声が出ても、変な顔になっても気になりません。カップルで来たい日には、ペアルームもあるようで、ぜひ今度利用してみたいと思いました。アロマの自然な香りによるマッサージを受けると、喧嘩をしているカップルも、仲直りしそうな気がします。特に、このお店の売りは、ホホバオイルに7種のブレンドアロマの中から好きな香りや効能のものを選んであわせることが出来るという点のようです。

a0027_002234

何度か通って、色々試してみるのも良いかもしれませんね。内装は東南アジアの雰囲気を醸し出していて、異国の気分が味わえるお店です。仕事のストレスが溜まったという人はぜひ行ってみてください。

 

おしゃれなサロン

日本や東南アジアを意識した、癒しのサロンが増えています。しかし、時にはおしゃれなサロンで新しい何かを感じたい時ってないですか?そんな時に行きたいなと思ったのが、池袋東口から徒歩5~8分ほどのところにあるサイレントブルーというマッサージ店です。サイレントブルーには、3タイプの個室があり、独特の雰囲気を創り出しています。星空、夕焼け、青空の3種類の中から選ぶことができ、ヒーリングミュージックもかけてくれるそうなのです。なんだか、現実逃避ができる最高の空間を味わえそうですよね。自分の家では、アロマキャンドルをたいたり、音楽を流したりして、多少の雰囲気作りはできますが、やはり限界があります。このマッサージ店なら、照明などを駆使して実際に星空の元で心地の良い香りと音楽、そしてマッサージに癒されることができるわけですから、お金を払う価値がありそうです。

 

Leave a comment

WEBサイト制作の方法について

WEBサイトの定義とコンセプト

WEBサイト制作の方法についてインターネット上に公開されている複数の関連するWEBページがひとまとまりになったものを、WEBサイト(ホームページ)といいます。表紙のトップ ページと複数のWEBページで構成され、各ページが互いにリンク連結されていることで、どこからでも見たい情報にたどり着けるように作られています。
ホームページを制作しようとする人は、まずサイトのコンセプトを考える必要があります。どのような人々をターゲットにするのか、サイトを作る目的は何か (集客や情報発信など)、どのような情報を掲載するのか、といったことを具体的にイメージします。また、自分の強み・売りは何かを考えて、ホームページを 通じて何を一番伝えたいのかを明確にし、他者との差別化を図ることも重要です。

ホームページ制作・公開のプロセス

まず、実際に制作・更新作業をするのは誰かを決める必要があります。名古屋のホームページ制作会社などに委託すれば専門知識がなくても簡単に制作・運営できますが、コストはかか ります。一方自前で運営する場合は、HTMLやCSSなどの専門知識が必要になりますし、検索上位に表示されるためのSEO対策も自分で行わなければなり ません。しかし現在は、専門知識がなくても直感的にホームページを制作できるソフトウェアも開発されていますので、昔に比べれば格段に作りやすくなってい ます。
次に、サイトに掲載して伝えたい情報を漏れなく書き出し、各情報をどうリンクするか、階層化するかを考え、分かりやすいサイトにするかを 検討するために構成図を作ります(サイトマップ、ディレクトリとも言います)。自分にとって、見やすい、使いやすいといった好印象をもったお店や企業のサ イトを参考にするとイメージしやすいでしょう。
どんなページが必要なのかを把握したら、各ページをどのようなデザイン・構成にするかを設計します。同時に、ページに掲載するコンテンツ(文章、図や写真などの素材集め、その他のデータ等)を作りこんでいきます。
コンテンツが揃ったら、設計通りにWEBページに掲載されるように編集作業に入ります。簡単にHP制作ができるソフトを使えば、ブロックごとに直接編集し てイメージ通りに組み合わせていくことができます。手書きでWEBサイトを作る場合は、HTMLコーディングという一種のプログラミング作業が必要になり ます。
ホームページを公開するには、WEBサーバにサイトを保管する必要があります。サーバホスティング会社と契約し、ドメインを取得してホームページアドレスを設定します。編集したWEBサイトを契約したサーバにアップロードすれば、公開作業は完了です。

Leave a comment

全てはブログで分かる

 

昔から世界一周ブログや、観光ブログといったような俗にいう「世界を股に掛けるブログ」がインターネット上では更新されていますね。

 

今日はその中からベトナム・ミャンマー・インドのブログに目を向けていきたいと思います。
上記にあげた国は全てアジア国で、発展途上国から経済発展を遂げ、今も成長を続けている新興国です。

1355760_fishing__lake_myanmar

 

なぜ新興国に成長したのか、ブログを通してその理由をさがしてみます。
ブログは便利なものです。ニュースや雑誌と違い、客観的ではなく主観的な意見が率直に述べられています。
前置きはここまでにして、さっそくブログを読んでみましょう。 (さらに…)

Leave a comment